外国人の人権(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

外国人の人権を取り扱う弁護士が765名見つかりました。外国人の人権における悩みは多岐に亘ります。例えば、「日本のビザ、在留資格取得について相談したい」「アメリカ人の夫と日本人である妻(私)がこの度離婚(国際離婚)することになった。子供の親権、財産分与、そして将来発生する遺産相続について相談をしたい」「外国人である彼氏がオーバーステイ中に犯罪で捕まった。在留資格と刑事弁護に詳しい弁護士に刑事弁護をお願いしたい」「まだ婚姻関係にない外国人との間に子供ができたが、この子供の国籍や親権、養育費などについて相談したい」というような悩みがあります。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野に外国人の人権が設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、外国人の人権にとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは貴方のビザ・在留資格、国際離婚、ハーグ条約、外国人による犯罪の弁護など外国人の人権問題悩みの解決に最適な弁護士を探すお手伝いをしたいと思っています。弁護士に依頼しトラブルが首尾よく解決できた際には、次にトラブルを抱えている相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

弁護士ジャパン・コラム

外国人の人権に関する法律ニュース