子供・高齢者・障碍者(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

子供・高齢者・障碍者問題を取り扱う弁護士が4166名見つかりました。子供・高齢者・障碍者問題における悩みは多岐に亘ります。例えば、「財産保有者が子供なので未成年後見人を任命したい」「親が認知症の傾向が見られるので、後見人を設置したい」「後見人制度や未成年後見人制度ではなく、家族信託を利用したいので、相談に乗って欲しい」「学校で子供がいじめられている」「老人ホームに入居している親が施設で嫌がらせを受けているようので、解決に力を貸して欲しい」というような悩みがあります。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野に子供・高齢者・障碍者問題が設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、子供・高齢者・障碍者問題にとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは貴方の財産管理、後見人制度の悩みの解決に最適な弁護士を探すお手伝いをしたいと思っています。弁護士に依頼しトラブルが首尾よく解決できた際には、次にトラブルを抱えている相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

弁護士ジャパン・コラム

子供・高齢者・障碍者に関する法律ニュース

成年後見と未成年後見の内容を紹介します

成年後見制度とは

成年後見制度とは、20歳以上の方の内、知的障害をはじめとする様々な障害等の理由により、判断能力が十分でないと「家庭裁判所」が認めた場合において、その方を援助するための人を付ける制度です。この制度は、自己決定権の尊重をしている為、適用がされた場合においても日常生活において必要な商品の購入等は本人が行うことも可能となります。この制度を適用すると、悪質な訪問販売等に被害を事前に防ぐ事もできます。

後見人の報酬は2パターン存在しています

後見人の報酬には、月額報酬となる「基本報酬」と、その後見をするべき方の財産等を管理するにあたり、困難な事情をある場合に付加される「付加報酬」の2つが存在しています。基本報酬は、その後見をされる方の財産状況により報酬額が変動し、付加報酬は、困難な事情の要件ごとに報酬額が変動していきます。

未成年後見人とは?

未成年後見人とは、その未成年の両親が死亡してしまった場合又はその未成年の両親が離婚し、親権を所有していた親が死亡してしまった場合において、その未成年者や親族、その他の利害関係人が「家庭裁判所」に申立てを行った場合に選任されるものです。その未成年者本人が家庭裁判所に申し立てを行う場合には、「意思能力」を有する事が要件となります。

未成年後見人の職務とは

未成年後見人は、その未成年の「生活・身上監護」と「財産管理」の職務を行う事が必要です。生活・身上監護は、その未成年者の住居等の指定や、生活の為の費用を計画的に支出すること等のその未成年者の親代わりとなる責任を有し、財産管理は、現金預金等の管理や、収入やその支出の管理、税金支払い等の業務を行いその詳細を家庭裁判所に報告する義務を有しています。