DV・ストーカー(離婚・男女問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の口コミ/評判をお探しなら弁護士ジャパン

HISTORY閲覧履歴

COLUMN 法律に関するお役立ち情報

DV・ストーカーに関する法律ニュース

DV・ストーカーについて

【DV被害にあった際の対処方法】
DV被害にあった時の対処法の1つは、警察や女性センターに相談することです。場合によっては、DVシェルターが利用できることもあります。相談をしておけば、裁判で証拠として提出できます。他の対処法として、別居することで、加害者との距離を置くというのも良いです。その際、裁判所に行けば、DV防止法の保護命令により、保護を受けられます。接近禁止命令などの命令を発令すれば、より確実に距離を置けます。

【ストーカー被害にあった際の対処方法】
ストーカー被害にあったら、加害者との接触は避け、警察に相談しましょう。被害について伝えると、警察は加害者に警告を発し、ストーカー行為をやめるよう言います。弁護士に内容証明を作ってもらうことも対処法の1つです。内容証明を弁護士を通して送ると、ストーカーをやめることがあります。また、捜査機関に告訴するのも良いです。なぜなら、ストーカー規制法によって加害者を処罰するためには、告訴が必要だからです。

【男女問題にはどんな種類がある?】
DVやストーカー以外にも男女問題は起こっています。ここでは3種類紹介します。まず、夫婦間でのトラブルが挙げられます。これには、不倫や熟年離婚、別居が含まれます。次に、夫婦間のトラブルにお金が絡んだものです。例えば、不倫慰謝料や離婚慰謝料などの問題です。最後に、子供がいながら離婚した夫婦間に起こるトラブルです。親権や養育費、面会交流といった問題が挙げられます。

  • 稲谷 陽一郎 弁護士 インタビュー
  • 小島 宏之 弁護士 インタビュー
  • 吉野 隆二郎 弁護士 インタビュー
  • 光永 享央 弁護士 インタビュー
  • 浦崎 寛泰 弁護士 インタビュー
  • 沙藤 達哉 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す