ファイナンス(法人・企業の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

ファイナンスの分野を取り扱う弁護士が1286名見つかりました。企業経営において資金調達の手段が多様化する一方で、金融規制には国内および海外において事細かに定められており、当然ながらそれぞれの規制に対し遵法であることが求められますので、それぞれの規制に対する知見と経験が必要です。ファイナンスの手段には、銀行調達(バンキング)や、社債発行、エクイティ・ファイナンス、資産を担保にした資産担保証券などがありますが、ファイナンスを実施したい企業にとって有効なファイナンスの制度設計はどのような手段か?をドキュメンテーションやコベナンツ条項(情報開示義務、財務制限条項、担保制限条項等)に落とし込み、ときには相手方当事者と交渉したりしますので、経験豊富で有能な弁護士に依頼した方がリスク面でも条件面でも有益である場合が多いです。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野にファイナンスが設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、ファイナンスにとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンはファイナンスに関する豊富な知見や経験を持つ弁護士を探したいという貴社のニーズのお手伝いをしたいと思っています。依頼した弁護士が貴社の相談内容に対し有益であった場合には、ファイナンスの分野で弁護士を探している次の相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

弁護士ジャパン・コラム

ファイナンスに関する法律ニュース