危機管理・不祥事対応(法人・企業の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

危機管理・不祥事対応の分野を取り扱う弁護士が5727名見つかりました。企業経営において全く危機や不祥事と関係が無いということはありえず、いつ何時危機や不祥事に遭遇するとも限りません。企業経営においてはそのような危機に遭わない様予防法務が重要ですが、それでも実際に危機や不祥事に直面した場合、その分野に経験が豊富な弁護士に依頼することが有効です。「社内で過去に不正を行っていたことが判明した。内部調査を実施し事実関係の早期解明及び再発防止策の検討をして欲しい」「会社的な不祥事の可能性が出てきたが、上場しているので、証券取引所並びに株主へのIR、そしてマスコミへの対応にについて実務的なアドバイスが欲しい」「従業員による犯罪が判明した。監督官庁等への報告等の対応についてもアドバイスを貰いたい」「企業活動における行為について、独占禁止法違反 or 金融商品取引法違反 or 不正競争防止法違反 or 贈収賄法違反(等々)に問われた。刑事訴訟対応をお願いしたい」「海外での企業活動について、海外の捜査当局より捜査を受けることになったが経験が無いので、経験豊富な弁護士に対応をお願いしたい」というような悩みがあります。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野に危機管理・不祥事対応が設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、危機管理・不祥事対応にとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは危機管理・不祥事対応について豊富な知見や経験を持つ最適な弁護士を探したいという貴社のニーズのお手伝いをしたいと思っています。依頼した弁護士が貴社の相談内容に対し有益であった場合には、危機管理・不祥事対応の分野で弁護士を探している次の相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

弁護士ジャパン・コラム

危機管理・不祥事対応に関する法律ニュース