遺言・遺産相続・事業承継(遺言・相続問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

相続問題に関するお役立ち情報

  • 「相続税」と「贈与税」……両者の違いを知って、気持ちいい遺産承継を!

    「相続税の節税対策」が紹介されるときには、しばしば「贈与税」の話が挟まってくるものです。混同されがちな両者ですが、まずは「相続」とは何か、「贈与」とは何か、という原点から紐解いていきます。 目次 「相続」と「贈与」の共通…

  • 相続した不動産にかかる『相続税』は、このようにして決まる

    相続資産で最もその比重を多く占めるのが不動産です。そして、不動産を相続したときにかかる税金の中でも、額が大きくなりやすい物として「相続税」が挙げられます。 不動産にかかる相続税は、その不動産の相続税評価額によって決まるの…

  • 贈与をうまく活用できる人だけが行える相続税対策

    相続税は、亡くなった時点で遺産として残っている額に対して課税されます。つまり、亡くなった時点で、ご自分の手元から既に離れた資産には、原則として相続税が課されません。よって、生前に資産の贈与を検討される方がいます。この項で…

  • 熟年離婚の損得勘定(離婚が得か、相続が得か)

    離婚の最も典型的なパターンは、婚姻5年未満の夫婦の離婚で、全体の約4割を占めます。勢いで結婚したものの、結婚する前には気付かなかった相手の欠点や、結婚生活の現実に直面し、早々と見切りをつけるという説明があてはまる場合が多…

  • 相続税の障害者控除とは?

    障害者については、その障害者を世話する人も含めて、所得税・住民税・自動車税・軽自動車税などについて控除枠が設けられており、税金の軽減がなされています。その理由は、 障害者は、職業を得る機会が比較的少ないといえることに加え…

遺産相続(遺言・相続分割・遺留分)、事業承継に関する法律ニュース

遺産相続の制度や各種手続き

【遺言の制度とは】
遺言という制度は、相続発生時において法的に決められた財産分与の方法、「法定相続分」制度よりも、その遺言に記された被相続人の意思を優先した財産分与が行われるというものです。但し、各相続人の「遺留分」については侵害することが出来ない性質も併せ持っています。また遺言書作成者が死亡し法的効力が生じるまでは、遺言者はその遺言を直ちに撤回する事も可能です。

【相続の手続きに必要な各種書類】
相続発生後、財産相続が開始されますが、その手続きに必要な書類等は多岐に渡ることになります。様々な種類の財産を相続することになればなるほど、様々な書類が必要となりますが、絶対に必要となるのは「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」、「相続人全員の戸籍謄本」、「相続人全員の印鑑証明書」の3つとなります。現金預金、不動産の相続には「遺産分割協議書」等の各種書類も必要となるのです。

【相続発生時から10月以内に申告及び納付を行いましょう】
相続税は相続人が、その相続が発生したことを知った日から10月以内に国に対してその相続に関する申告及び納付を行う事を義務付けている法律です。もし10月以内に申告及び納付を完了させないと、重加算税や滞納税、さらに1億6000万円の控除が可能となる「配偶者控除」や不動産の評価額を80%減額させることが出来る「小規模宅地等の特例」等の法律の適用を受ける事が出来なくなってしまいます。