遺言、遺産相続(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

遺言・相続問題を取り扱う弁護士が8388名見つかりました。遺言・相続問題における悩みは多岐に亘ります。例えば、「遺言書に記載すべきことは何か?」「両親が残した遺産を、相続を争いなく分割(遺産分割)するのに、弁護士に手伝ってほしい」「相続前に贈与をした場合の贈与税はどうなるか?」「教育資金非課税枠を利用した贈与を行い他意のでアドバイスが欲しい」「過去のトラブルで相続放棄を要請され了承したが、最低限受け取れる遺留分について請求をしたいが、やり方が分からない」「相続財産の特性や相続税納付のことも考えて遺産分割を行いたいので、事業承継や相続税にも詳しい弁護士に相談したい」というような悩みがあります。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野に遺言・相続問題が設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士の中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、遺言・相続問題にとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは貴方の遺産相続や遺言書などの悩みの解決に最適な弁護士を探すお手伝いをしたいと思っています。弁護士に依頼しトラブルが首尾よく解決できた際には、次にトラブルを抱えている相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

 

弁護士ジャパン・コラム

遺言、遺産相続に関する法律ニュース

遺産相続の制度や各種手続き

【遺言の制度とは】

遺言という制度は、相続発生時において法的に決められた財産分与の方法、「法定相続分」制度よりも、その遺言に記された被相続人の意思を優先した財産分与が行われるというものです。但し、各相続人の「遺留分」については侵害することが出来ない性質も併せ持っています。また遺言書作成者が死亡し法的効力が生じるまでは、遺言者はその遺言を直ちに撤回する事も可能です。

【相続の手続きに必要な各種書類】

相続発生後、財産相続が開始されますが、その手続きに必要な書類等は多岐に渡ることになります。様々な種類の財産を相続することになればなるほど、様々な書類が必要となりますが、絶対に必要となるのは「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」、「相続人全員の戸籍謄本」、「相続人全員の印鑑証明書」の3つとなります。現金預金、不動産の相続には「遺産分割協議書」等の各種書類も必要となるのです。

【相続発生時から10月以内に申告及び納付を行いましょう】

相続税は相続人が、その相続が発生したことを知った日から10月以内に国に対してその相続に関する申告及び納付を行う事を義務付けている法律です。もし10月以内に申告及び納付を完了させないと、重加算税や滞納税、さらに1億6000万円の控除が可能となる「配偶者控除」や不動産の評価額を80%減額させることが出来る「小規模宅地等の特例」等の法律の適用を受ける事が出来なくなってしまいます。