栃木県で遺言、遺産相続(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

 

弁護士ジャパン・コラム

遺言、遺産相続に関する法律ニュース

遺産相続の制度や各種手続き

【遺言の制度とは】

遺言という制度は、相続発生時において法的に決められた財産分与の方法、「法定相続分」制度よりも、その遺言に記された被相続人の意思を優先した財産分与が行われるというものです。但し、各相続人の「遺留分」については侵害することが出来ない性質も併せ持っています。また遺言書作成者が死亡し法的効力が生じるまでは、遺言者はその遺言を直ちに撤回する事も可能です。

【相続の手続きに必要な各種書類】

相続発生後、財産相続が開始されますが、その手続きに必要な書類等は多岐に渡ることになります。様々な種類の財産を相続することになればなるほど、様々な書類が必要となりますが、絶対に必要となるのは「被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本」、「相続人全員の戸籍謄本」、「相続人全員の印鑑証明書」の3つとなります。現金預金、不動産の相続には「遺産分割協議書」等の各種書類も必要となるのです。

【相続発生時から10月以内に申告及び納付を行いましょう】

相続税は相続人が、その相続が発生したことを知った日から10月以内に国に対してその相続に関する申告及び納付を行う事を義務付けている法律です。もし10月以内に申告及び納付を完了させないと、重加算税や滞納税、さらに1億6000万円の控除が可能となる「配偶者控除」や不動産の評価額を80%減額させることが出来る「小規模宅地等の特例」等の法律の適用を受ける事が出来なくなってしまいます。

栃木県のユニーク条例

[高根沢町ハートごはん条例]

栃木県塩谷郡高根沢町には「ハートごはん条例」というユニークな名前の条例が制定されています。「ハート」という言葉にインパクトのある条例ですが、まごころ(ハート)を込めて育てた農産物を、愛情(ハート)を込めて料理し、感謝の気持ち(ハート)をもってごはんを食べることを大切にしようという意味が込められています。この条例は、地域生産と地域消費を推進するために必要な考え方を定めた、食育に関する条例です。町民が、安心安全な食を提供する生産者の努力を理解し、地元で生産された安全安心かつ新鮮な農産物を積極的に消費することを目的としています。

[日光市サル餌付け禁止条例]

栃木県日光市では、付近の山々に生息する野生の猿も多く、観光客や土産物店が野生の猿に襲われる被害が深刻となったため、2000年3月24日に「サル餌付け禁止条例」が制定されました。猿への餌付けを禁止することで、猿が本来の野生状態で生息できる環境を整備し、人間と猿の適正な関係をもって共存することを目的としています。この条例に違反し、悪質と認められた場合は氏名公表等の罰則があるので、観光で訪れた場合も注意が必要です。

栃木県の裁判所一覧

[地方裁判所]

  • 宇都宮地方裁判所 栃木県宇都宮市小幡1-1-38
  • 宇都宮地方裁判所真岡支部 栃木県真岡市荒町5117-2
  • 宇都宮地方裁判所大田原支部 栃木県大田原市中央2-3-25
  • 宇都宮地方裁判所栃木支部 栃木県栃木市旭町16-31
  • 宇都宮地方裁判所足利支部 栃木県足利市丸山町621番地

[家庭裁判所]

  • 宇都宮家庭裁判所 栃木県宇都宮市小幡1-1-38
  • 宇都宮家庭裁判所真岡支部 栃木県真岡市荒町5117-2
  • 宇都宮家庭裁判所大田原支部 栃木県大田原市中央2-3-25
  • 宇都宮家庭裁判所栃木支部 栃木県栃木市旭町16-31
  • 宇都宮家庭裁判所足利支部 栃木県足利市丸山町621

[簡易裁判所]

  • 宇都宮簡易裁判所 栃木県宇都宮市小幡1-1-38
  • 真岡簡易裁判所 栃木県真岡市荒町5117-2
  • 大田原簡易裁判所 栃木県大田原市中央2-3-25
  • 栃木簡易裁判所 栃木県栃木市旭町16-31
  • 小山簡易裁判所 栃木県小山市八幡町1-2-11
  • 足利簡易裁判所 栃木県足利市丸山町621

栃木県の公証役場一覧

  • 宇都宮公証センター 栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル7階
  • 足利公証役場 栃木県足利市通3-2589 足利織物会館3階
  • 小山公証役場 栃木県小山市城東1-6-36 小山商工会議所会館3階
  • 大田原公証役場 栃木県大田原市本町1-2714