富山県で交通事故、学校事故など(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

 

弁護士ジャパン・コラム

交通事故、学校事故などに関する法律ニュース

交通事故にあったときについて

【交通事故にあった時にどんな治療をしたらいいの??】

交通事故にあった時にはその痛みや怪我を治すために治療をします。その治療法について説明します。事故したあと、どこか痛くなればまず、整骨院や接骨院に行ってください。そこでは電気治療、マッサージ、針治療などが主にあります。病院以外でも自分でストレッチなどをしてもはやく治りやすくなると思います。

【交通事故によって後遺症がのこったら。】

交通事故によっては状態が厳しく、治療院に行っても治らないケースがあります。それを後遺症といい、それはもし残った場合は相手側に被害者請求などをして慰謝料を貰ったり、することができます。ひどい場合によれば1000万円以上貰えることも可能です。確実に請求してください。

【交通事故を起こしてしまったら】

交通事故を起こしてしまったらまず、負傷者の救護をする。そして、警察に事故の報告、相手の連絡先の確認、目撃者の確保、事故現場の保存、自分でも記録をする、保険会社に通知をする、医者に行き、医師の診断を受けるというのが流れになってきます。そこをしっかり確認しましょう。

【もし交通事故の被害にあったら】

もし交通事故の被害にあったらまず一番最初に110番通報をしましょう。相手が嫌がっても関係ないです。そして事故現場の記録をとります。そして、加害者の情報を入手します。車のナンバー、相手の連絡先などなど。そして目撃者の確保、保険会社に連絡、弁護士に相談をして解決していきます。

富山県のおもしろ条例

[富山県の「総合雪対策条例」]

富山県の「富山総合雪対策条例」は、昭和60年3月に制定されました。この条例は、道府県でははじめて出されたものです。この条例の特徴的な点は、単に雪の災害について決められているのではなく、雪を先人の生活文化や県民の間に定着してきた親雪施策を、「雪の文化」と位置付けて、「雪に親しみ、雪を資源として活用する等、雪を積極的に利用するための対策」が盛り込まれていることです。富山ならではの、新しい雪の文化を創造しようとしている姿勢が条例の斬新さを出しています。

[立山におけるバスの排出ガスの規制に関する条例]

富山県の「立山におけるバスの排出ガスの規制に関する条例」は、平成27年4月1日に施行されました。この条例は、立山の貴重な自然環境や優れた景観を保全し、将来の世代に引き継いでいくためにバスの排出ガス規制を定めた条例です。山地のきれいな自然環境が、多くのバスが通行することによる排出ガスによって損なわれる可能性があることから、それを防ごうという県民の地元愛が感じられる条例です。

富山県の裁判所一覧

[地方裁判所]

  • 富山地方裁判所 富山県富山市西田地方町2-9-1
  • 富山地方裁判所魚津支部 富山県魚津市本町1-10-60
  • 富山地方裁判所高岡支部 富山県高岡市中川本町10-6

[家庭裁判所]

  • 富山家庭裁判所 富山県富山市西田地方町2-9-1
  • 富山家庭裁判所魚津支部 富山県魚津市本町1-10-60
  • 富山家庭裁判所高岡支部 富山県高岡市中川本町10-6
  • 富山家庭裁判所砺波出張所 富山県砺波市広上町8-24

[簡易裁判所]

  • 富山簡易裁判所 富山県富山市西田地方町2-9-1

富山県の公証役場一覧

  • 富山公証人合同役場 富山県富山市安住町2-14 北日本スクエア北館8階
  • 高岡公証役場 富山県高岡市下関町1-19 毛利ビル1階
  • 魚津公証役場 富山県魚津市駅前新町5-30 サンプラザ2階