山梨県で交通事故、学校事故など(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

山梨県で交通事故・学校事故問題を取り扱う弁護士が27名見つかりました。交通事故・学校事故問題における悩みは多岐に亘ります。例えば、「交通事故の加害者になってしまったが、示談交渉を弁護士にお願いしたい」「交通事故の被害を受け通院しているが、損害保険会社が事故から1ヶ月経ったので症状を固定し、後遺障害の等級を決めたいと言ってきているが、自分的には未だ症状が固定しているようにも感じられないので相談に乗って欲しい」「損害保険会社の言っている後遺障害の等級では、全然自分の感覚と違う。損害保険会社との交渉をお願いしたい」「子供が学校で怪我をした。慰謝料と損害賠償請求をしたいが、どのようにしたらよいか分からない」「高速道路における、自動車同士の事故で警察の言ってきた過失割合がどうしても納得できない」「交通事故で慰謝料と損害賠償で合意したが、加害者がどうも自賠責しか入っていなかったようで、本人が支払うことになっていたが、半年も経たずに支払い無くなった。差し押さえなどの手続きを取りたい。というような悩みがあります。弁護士ジャパンでは、弁護士登録をされている弁護士に先生をほぼ全て網羅しており、更に各弁護士の注力分野、取扱分野、学歴、これまでの経歴、著作・執筆の履歴(現在鋭意作成中)や、取り扱った事例(作成中)、懲戒の履歴そして相談者の方の感謝の言葉などを掲載していますので、ほぼすべての弁護士の中から比較検討が可能です。なお、注力分野に交通事故・学校事故問題が設定されているから大丈夫とは思わず、あるいは懲戒の履歴があるから絶対ダメとは思わず、気になる弁護士を数名ピックアップし、電話や、実際に面談し、あなたの悩みを相談してみてください。懲戒の履歴がある場合にはその理由などについても確認してください。一度相談したらその弁護士にお願いしなければならないと思わず、複数の弁護士に相談し、そしてその中から、自分の相談に親身に応じてくれそうだとか、交通事故・学校事故問題にとても経験が豊富だとか、ご自身が信頼できると思った弁護士を見つけてください。弁護士ジャパンは貴方の交通事故・学校事故など事故に関する悩みの解決に最適な弁護士を探すお手伝いをしたいと思っています。弁護士に依頼しトラブルが首尾よく解決できた際には、次にトラブルを抱えている相談者の為に、是非弁護士ジャパンに「感謝の言葉」をお寄せください。

 

弁護士ジャパン・コラム

交通事故、学校事故などに関する法律ニュース

交通事故にあったときについて

【交通事故にあった時にどんな治療をしたらいいの??】

交通事故にあった時にはその痛みや怪我を治すために治療をします。その治療法について説明します。事故したあと、どこか痛くなればまず、整骨院や接骨院に行ってください。そこでは電気治療、マッサージ、針治療などが主にあります。病院以外でも自分でストレッチなどをしてもはやく治りやすくなると思います。

【交通事故によって後遺症がのこったら。】

交通事故によっては状態が厳しく、治療院に行っても治らないケースがあります。それを後遺症といい、それはもし残った場合は相手側に被害者請求などをして慰謝料を貰ったり、することができます。ひどい場合によれば1000万円以上貰えることも可能です。確実に請求してください。

【交通事故を起こしてしまったら】

交通事故を起こしてしまったらまず、負傷者の救護をする。そして、警察に事故の報告、相手の連絡先の確認、目撃者の確保、事故現場の保存、自分でも記録をする、保険会社に通知をする、医者に行き、医師の診断を受けるというのが流れになってきます。そこをしっかり確認しましょう。

【もし交通事故の被害にあったら】

もし交通事故の被害にあったらまず一番最初に110番通報をしましょう。相手が嫌がっても関係ないです。そして事故現場の記録をとります。そして、加害者の情報を入手します。車のナンバー、相手の連絡先などなど。そして目撃者の確保、保険会社に連絡、弁護士に相談をして解決していきます。

山梨県ならではの変わった条例2選

[甲州ワインによる乾杯の推進等普及促進に関する条例]

山梨県甲州市で「甲州ワインによる乾杯の推進等普及促進に関する条例」が平成26年10月に施行されました。この条例は、いわゆる山梨県ならではの乾杯条例のことで、乾杯条例とは乾杯(最初の1杯)は地元のお酒でするという条例です。乾杯条例は全国に拡大している条例なのです。この条例は千年以上の歴史を持つ日本の固有種である甲州ぶどうからできたワイン、つまり甲州ワインで乾杯することで地場産業の理解と郷土愛の醸成を目的としています。甲州ワインの日も定められています。普及イベントやポスター作成などが条例推進のために行われています。

[富士山世界遺産候補条例から富士山世界遺産条例へ]

山梨県富士吉田市で「富士山世界遺産候補条例」が平成20年12月に施行されました。そして、平成25年6月に「富士山世界遺産条例」に名前を変えて、施行されました。富士山が世界遺産候補ではなくなり、本当に世界遺産に登録されたためにこのように条例名が変更されるという珍しいことがあったのです。この世界遺産である富士山を保全し、優れた景観を引き継いでいき、人々の心の豊かさを向上することを目的としています。山梨県では世界遺産富士山課といった部署があり、この条例の推進に努めています。

山梨県の裁判所一覧

[地方裁判所]

  • 甲府地方裁判所 山梨県甲府市中央1-10-7
  • 甲府地方裁判所都留支部 山梨県都留市中央2-1-1

[家庭裁判所]

  • 甲府家庭裁判所 山梨県甲府市中央1-10-7
  • 甲府家庭裁判所都留支部 山梨県都留市中央2-1-1

[簡易裁判所]

  • 甲府簡易裁判所 山梨県甲府市中央1-10-7
  • 鰍沢簡易裁判所 山梨県南巨摩郡鰍沢町7302
  • 都留簡易裁判所 山梨県都留市中央2-1-1
  • 富士吉田簡易裁判所 山梨県富士吉田市旭1-1-1

山梨県の公証役場一覧

  • 甲府公証役場 山梨県甲府市北口1-3-1
  • 大月公証役場 山梨県大月市駒橋1-2-27 大月織物協同組合2階