鳥取県で交通事故、学校事故など(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

 

弁護士ジャパン・コラム

交通事故、学校事故などに関する法律ニュース

交通事故にあったときについて

【交通事故にあった時にどんな治療をしたらいいの??】

交通事故にあった時にはその痛みや怪我を治すために治療をします。その治療法について説明します。事故したあと、どこか痛くなればまず、整骨院や接骨院に行ってください。そこでは電気治療、マッサージ、針治療などが主にあります。病院以外でも自分でストレッチなどをしてもはやく治りやすくなると思います。

【交通事故によって後遺症がのこったら。】

交通事故によっては状態が厳しく、治療院に行っても治らないケースがあります。それを後遺症といい、それはもし残った場合は相手側に被害者請求などをして慰謝料を貰ったり、することができます。ひどい場合によれば1000万円以上貰えることも可能です。確実に請求してください。

【交通事故を起こしてしまったら】

交通事故を起こしてしまったらまず、負傷者の救護をする。そして、警察に事故の報告、相手の連絡先の確認、目撃者の確保、事故現場の保存、自分でも記録をする、保険会社に通知をする、医者に行き、医師の診断を受けるというのが流れになってきます。そこをしっかり確認しましょう。

【もし交通事故の被害にあったら】

もし交通事故の被害にあったらまず一番最初に110番通報をしましょう。相手が嫌がっても関係ないです。そして事故現場の記録をとります。そして、加害者の情報を入手します。車のナンバー、相手の連絡先などなど。そして目撃者の確保、保険会社に連絡、弁護士に相談をして解決していきます。

鳥取県は鳥取砂丘を守り聴覚の壁を超える条例を制定した!

[鳥取砂丘での落書きを禁止した条例はかけがえのない砂丘を愛する心から生まれた!]

「日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例」には、砂丘での落書きを禁止する内容が含まれています。国内最大級の規模を持つ砂丘が存在することは素晴らしい事なのですが、落書きが後を絶たない状態です。これは、砂丘を著しく傷つけてしまうことでもあり、それを元通りの姿にするのは難しく、仮に可能だとしても長い年月を要してしまいます。そこで、鳥取県では意識化するための取組みを行うと同時に、過去に傷つけられた所の再生を目指す工事を行っています。鳥取砂丘には観光客も多く、世界中から訪れます。そのため落書き禁止やごみのポイ捨て禁止といった事への理解を深めるために、数か国語での表示も行われています。この条例を浸透させていくことで鳥取砂丘を守り育てることにつながるのです。

[聞こえる人と聞こえない人の壁を超える条例が鳥取県の「手話言語条例」だ!]

手話言語条例が制定されたおかげで、まず学校で手話が積極的に使われるようになりました。それに伴い、聞こえる人と聞こえない人との間にあったバリアがなくなり、交流が進んでいます。テレビ電話での手話の普及にもつながっています。

鳥取県の裁判所一覧

[地方裁判所]

  • 鳥取地方裁判所 鳥取県鳥取市東町2-223
  • 鳥取地方裁判所倉吉支部 鳥取県倉吉市仲ノ町734番地
  • 鳥取地方裁判所米子支部 鳥取県米子市西町62番地

[家庭裁判所]

  • 鳥取家庭裁判所 鳥取県鳥取市東町2-223
  • 鳥取家庭裁判所倉吉支部 鳥取県倉吉市仲ノ町734
  • 鳥取家庭裁判所米子支部 鳥取県米子市西町62

[簡易裁判所]

  • 鳥取簡易裁判所 鳥取県鳥取市東町2-223
  • 倉吉簡易裁判所 鳥取県倉吉市仲ノ町734
  • 米子簡易裁判所 鳥取県米子市西町62

鳥取県の公証役場一覧

  • 鳥取公証人合同役場 鳥取県鳥取市富安2-159 久本ビル5階
  • 公証役場 鳥取県米子市加茂町2-113 加茂町ビル2階206
  • 倉吉公証役場 鳥取県倉吉市駄経寺町2-15-1 倉吉合同事務所1階