金銭貸借・保証人問題に得意な弁護士の口コミ・評判の検索なら「弁護士ジャパン」

HISTORY閲覧履歴

金銭貸借と保証人問題で知っておくべきこと

【金銭の貸し借りに必要な金銭貸借】
金銭貸借とは、法律上では「金銭消費貸借契約」と言います。簡単に言うと、お金の貸し借りをお互いが認識をして、返済を約束することです。シンプルに感じますが、実はとても重要事項で、「あげる」と「貸す」を明確に区別するために必要です。現実的に金銭を渡すことで契約が成立します。また、特に返す期日などを定めなくても、返す約束をすることで成立します。

【連帯保証人には認められない権利とは】
賃金業者の請求に対して、「催告の抗弁」といって、まずは債務者に請求するように言えたり、「検索の抗弁」といって、債務者に返済できるだけの資力があった場合、債務者の資力に強制執行をするよう主張することが出来るのが、「保証人」です。また、複数の「保証人」がいる場合、頭数で割った金額の返済で可能なのも「保証人」です。これに対し、連帯保証人は、こういった権利が認められていないのが、大きな違いです。

【返済請求の事実を作る】
金銭貸借で、返済の期日が過ぎているにも関わらず、返済がなされなかった場合は、早めに解決策を取ることが重要です。まずは、相手と連絡が付かなくともマメに電話を入れる必要があります。また、請求書を送付したり、出来れば自宅を訪問することも必要です。それでも返済されない場合は、法的な手続きをしますが、その際に、こういった請求行為の事実はとても重要な要素になります。

  • 戸田 哲弁護士 インタビュー
  • 田沢 剛 弁護士 インタビュー
  • 鈴木 秀二 弁護士 インタビュー
  • 佐久間 大輔  インタビュー
  • 金川 征司 弁護士 インタビュー
  • 岡村 久道 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す