年金・保険(個人金銭問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の口コミ/評判をお探しなら弁護士ジャパン

HISTORY閲覧履歴

COLUMN 法律に関するお役立ち情報

弁護士ジャパン・プレスの法律ニュース

個人の年金・保険問題と、その解決策や予防策をご紹介

【深刻化する年金の未納問題】
年金問題についての主な例として、年金の未納問題があります。日本の年金保険料は20歳を過ぎたら、必ず収めなければならない制度です。しかし、特に第1号被保険者の国民年金保険料は納付率が低く、無職やフリーター、学生さんなどの所得がない、あるいは低い人の未納が問題となっています。

【健康保険の赤字問題】
保険問題の一つの例として、健康保険の赤字問題があります。少子高齢化が進む日本社会では、保険料収入が伸び悩む一方で、国民医療費は毎年増加の一途をたどり、年1兆円ほど増大しています。保険料収入と医療費負担のアンバランスは、早期に解決すべき問題で、対策が急がれています。

【年金未納問題の解決と予防策】
年金問題の一つの例として、年金保険料の未納問題があります。その解決策として、保険料を支払う能力が十分あるにも関わらず、故意に納付しない人に対しては、強制徴収や財産の差し押さえといった方法があります。また、予防策として、保険料を納付しやすいサービスの導入や、年金の重要性、手続き方法についてわかりやすく説明することが必要です。

【健康保険赤字問題の解決策と予防策】
保険問題の一例として、健康保険の赤字問題があります。一つの解決策としては、高齢者も含めた国民全体の医療費の負担を引き上げるという方法があります。また、予防策として、国民の健康維持のため、病院にかかる前に健康的な習慣を身に付けるよう国や地方自治体、企業が促すことも重要です。

  • 稲谷 陽一郎 弁護士 インタビュー
  • 小島 宏之 弁護士 インタビュー
  • 吉野 隆二郎 弁護士 インタビュー
  • 光永 享央 弁護士 インタビュー
  • 浦崎 寛泰 弁護士 インタビュー
  • 沙藤 達哉 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す