インターネット取引・課金被害(インターネット被害)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

インターネット・ITに関するお役立ち情報

  • インターネット上のヘイトスピーチとその規制

    名誉棄損やプライバシーの侵害と並び、インターネットへの投稿で問題の多いのがヘイトスピーチです。ヘイトスピーチとは、「人種、国籍、思想、宗教、性的指向、性別、障害などに基づいて、個人または集団を攻撃、脅迫、侮辱し、さらには…

  • インターネット上のプライバシー侵害

    法律問題を扱うウェブサイトや弁護士のホームページには、インターネット上でプライバシーを侵害され、何とかして欲しいという相談が多く寄せられます。2チャンネルや爆サイのような掲示板に実名で誹謗中傷されたり、投稿サイトに勝手に…

  • インターネット・SNS上の名誉毀損

    インターネットの投稿サイトやSNSに軽い気持ちでアップした発言や動画が炎上し、ネット上で袋叩きにあったり、マスコミに取り上げられて非難されたりする事件が後をたちません。当の本人が袋叩きにされたり非難されたりする分には自業…

  • 忘れられる権利(ネット上の個人情報の削除について)

    最近、不寛容という言葉をよく耳にします。社会のあらゆる場面で、過ちを犯すことが許されなくなっている現象を示しています。批判の対象をネット上で血祭りにあげようとするネット社会の傾向は、その典型でしょう。先日も「おでんツンツ…

ネット 課金・取引被害に関する法律ニュース

IT上での取引被害、課金被害の手口等を紹介します

【インターネット取引被害とは】
IT(インターネット)取引被害とは、アダルトサイト等でワンクリックしたら高額の請求書が来た、オークション専用サイトで目当ての商品を落札して送金を行ったが、一向にその商品が届かない又は不良品が届いた等の事例を指します。これらは全て「詐欺」であり、法的措置を取ることも可能な案件となります。

【インターネット課金被害とは】
IT(インターネット)課金被害とは、IDを必要とする各種ソーシャルメディアや、ゲームアプリ内においてIDやパスワードを盗み出されて勝手に課金決済を行われたり、ゲームアプリ用に登録されていたクレジットカード番号を盗み出され、各種の決済行為に利用されてしまう等の事例を指します。

【インターネット取引における詐欺の手口を紹介します】
IT取引被害の発生源となる犯罪者の手口や手法は、オークション等の事例においては、高価な商品を敢えて安い値段で出品し、最初は購入者を安心させた後に、詐欺を行ったり、代引き等の決済方法を嫌がる傾向があります。ワンクリック詐欺は、アダルトサイト等をクリックしたらその時点であたかも料金が発生したかのような不安を煽る案内を行いますが、実際にはその時点で料金は発生する事はないのです。

【IT課金被害の手口を紹介します】
各種ソーシャルネットーワークで発生する課金被害の手口や手法は、そのユーザーのIDやパスワードの奪取から始まります。一秒間に数百もの試行が可能な解析ツール等を使用し、パスワード等を盗み出します。一度パスワード等を盗み出すことが可能になると、大くのユーザーはクレジットカード等も似たような数字の配列をパスとする傾向がある為、芋づる式にクレジットカードの乱用も行われてしまうのです。