誹謗中傷・炎上・情報被害(インターネット被害)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の口コミ/評判をお探しなら弁護士ジャパン

HISTORY閲覧履歴

誹謗中傷、炎上など情報被害の手法とその対策

【誹謗中傷が起きたときの対策方法】
インターネットには不特定多数の人が自由に書き込めるサイトがあり、その中にはあなたの名誉を傷つけたり、根拠のない情報を流して辱めたりするなど誹謗中傷をするための内容が欠かれることがあります。そうした誹謗中傷の対策としてはサイト管理者やサーバー管理者に対して削除請求をすることが有効です。

【炎上したときに行うべきこと】
インターネット上でブログなどを運営しているときに、特定の人達から大量の書き込みをされて運営に支障が出ることを炎上と言います。その書き込みの中に、あなたの名誉毀損や誹謗中傷をするものがあった場合、名誉毀損として訴えることができますので、書き込みをした内容はできるだけ保存しておいて下さい。

【情報被害にあう主な被害者層は?】
個人情報の流出など情報被害には様々な年代の人が遭遇しますが、その中でも高齢者の被害者層で最も多いのが特徴です。彼らは年金だけで生活していることが多くその不安を詐欺集団に付け込まれてしまい、結果として自身の個人情報を自分から流出してしまう事例が多く発生しています。

【情報被害を発生させるための手法とは】
情報被害の手法としては、国民年金機構に付属する架空の団体や消費生活相談センターの職員などの身分を名乗り、個人情報が流出したとして緊急アンケートや調査に返答させて、被害者の個人情報や家族構成などを不正に入手する手口があります。その引き出した情報を元に不振な電話をかけてさらに情報を引き出すなどの手口も行われます。

  • 坂田 真吾 弁護士 インタビュー
  • 日向 一仁 弁護士 インタビュー
  • 松田 和哲 弁護士 インタビュー
  • 佐々木 龍太 弁護士 インタビュー
  • 中谷 寛也 弁護士 インタビュー
  • 佐野 真太郎 弁護士 インタビュー
  • 川崎 仁寛 弁護士 インタビュー
  • 久保利 英明 弁護士 インタビュー
  • 島 昭宏 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す