不動産・建築問題(個人の法律問題)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

弁護士ジャパン・コラム

不動産取引に関する法律ニュース

不動産取引は覚えなければいけないことが多数存在しています

【不動産取引は多数のトラブルが発生します】
買い手側には、賃貸契約上ペット可と言われたが実際はダメだった、中古マンション等を購入したが欠陥住宅だった等の様々なトラブルがあり、売り手側にも、売却時における報酬等のトラブルや、賃貸契約解除後の預り金にまつわるトラブル等が存在します。不動産取引は、売り手側、買い手側、そして仲介約の不動産会社と、3者間での取引形態が頻繁に行われる為、その分各種トラブル例が多数存在しているのです。

【不動産売買に必要な各種書類】
不動産取引を行う場合の基礎知識として、各種の書類を揃えることを覚える必要があります。売却を行う場合は移転登記を行う為の「登記済権利」の書類、その不動産の状況を示す「固定資産税納税通知書」等や売主の確認書類となる「身分証明書」等も必要となります。この他にもその不動産の状況に応じて各種書類を用意しなければならないのです。購入を行う場合は、「売買契約書と住民票」を揃える必要が生じます。

【不動産売却取引の流れ】
売却時の不動産取引の一連の流れは、まずその不動産の売却相場を知ることから始まります。そこから、信頼できる不動産会社を選び、その物件の価格査定を依頼して、その査定に納得する事が出来たら、その会社と媒介契約を結ぶのです。不動産会社を仲介企業としてその物件を売り出し、購入希望者が現れたらその方との交渉に移ります。様々な情報開示を行った後、売買契約を交わし、不動産を引き渡したら取引終了となります。