建築紛争・欠陥住宅(不動産・建物)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の感想・感謝の言葉を調べるなら 弁護士ジャパン

弁護士ジャパン・コラム

建築紛争・欠陥住宅に関する法律ニュース

建築紛争は欠陥住宅から始まる

【悲惨 欠陥住宅の事例】
欠陥住宅は建築紛争を招きます。欠陥住宅の被害例は多くありますが、施行不足を指摘すると業者が建築工事を止めてしまったり、業者が補修に応じない、束柱がなかったり基礎を削る、内装の接着剤の焼けてしまうなどの事例がみられます。欠陥住宅を施工する業者は、小規模な建築業者であったり零細な工務店の場合もありますが、よく名前が知られた大手ハウスメーカーやゼネコンの施行によって問題が起こることもあります。

【専門家を味方につけよう】
建築紛争の原因である欠陥住宅の予防策には、何をすればよいのでしょうか。基本的には建築や手続きに関する知識を身につけることにですが、多くの方はそのような時間はありません。そのため最も有力な手段として考えられるのが、建築や手続きなどの専門知識を持つNPO法人などに相談する事が考えられます。住宅建設や建築依頼をする前に専門家に相談することで、欠陥住宅リスクを大きく低減できるのです。

【欠陥住宅を解決させる流れとは】
欠陥住宅を原因とした建築紛争を解決させるには、以下のような流れになります。欠陥住宅訴訟に対応した弁護士事務所に法律相談する、相談内容に納得がいけば委任契約を結ぶと、弁護士事務所が業者側と交渉を開始し合意を目指します。もし業者側が適切な対応をしない、補修を拒絶するようであれば、訴訟に至る場合もあります。このような場合には調停や和解によって解決することが多いです。