マンションに関する紛争(不動産・建物)の裁判・訴訟が得意なおすすめの弁護士の口コミ/評判をお探しなら弁護士ジャパン

HISTORY閲覧履歴

COLUMN 法律に関するお役立ち情報

マンションに関する紛争に関する法律ニュース

マンション紛争の解決を導く手段について

【建物がどんどんと高層化していく】
マンション紛争とは、マンションの建築をめぐる業者と近接住民との争いのことを言います。建築業者が建物を高層化することや古いマンションをより高層へ建て替えによって、近隣住民の日照権が損なわれるなどから紛争が起こるのです。マンション紛争に関しては、今後もより一層多くなっていくと予想されています。しかしその紛争の多くにおいては、建築業者の強気な姿勢に住民が押し切られるのが現状です。

【建築業者と住民が折り合い点を探す】
マンション紛争における解決策とは、建築業者と住民が折り合い点を探していくことになります。なぜなら法律という観点では双方に権利があることが、紛争を招いているからです。どちらも合法である以上は、建設自体を止めようがないのが現実です。多くの数の建設反対申請は住民には訴える権利がないとされる「原告不適格」の段階で却下されており、本裁判までたどり着けません。解決策は建設問題そのものを増やさないことです。

【建設業者と交渉をする】
マンション紛争解決への流れは、最初に住民による組織を結成し代表を選出して意見をまとめます。それを基に建設業者と交渉をしていくのです。交渉内容は、業者に代案を認めさせることです。このため建築法を確認しながら相手の権利を認めつつ、建築業者が納得しうる代案を策定していきます。またあくまで住民主導の姿勢を崩さないことです。現状のまま建築が進行するよりも良い流れを作っていくことが最大の目的となっています。

  • 稲谷 陽一郎 弁護士 インタビュー
  • 小島 宏之 弁護士 インタビュー
  • 吉野 隆二郎 弁護士 インタビュー
  • 光永 享央 弁護士 インタビュー
  • 浦崎 寛泰 弁護士 インタビュー
  • 沙藤 達哉 弁護士 インタビュー
create 口コミをする弁護士を探す